;
  • ほそ川の歴史
  • 受賞歴・メディア掲載歴

 「ちいき経済賞」受賞「ちいき経済賞」受賞

「ちいき経済賞」受賞

?地域経済総合研究所が主催する第15回ちいき経済賞で、和歌山県みなべ町晩稲の梅加工業、紀州ほそ川(細川清社長)が地域の文化交流や振興に貢献した団体に贈られる「ふるさとスピリット賞」を受賞しました。ちいき経済賞は、独創的なアイデアや新しいソフトなどにより、地域の振興や経済の発展に貢献した中堅・中小企業、団体などを対象にしており、ふるさとスピリット賞、エコロジー賞、ヒューマニティー賞があります。今回は各賞2団体ずつが受賞し、和歌山県内からは紀州ほそ川だけが賞を受けました。当社は、梅干しの副産物である梅酢が鶏の免疫力を向上させ、鶏肉、鶏卵の品質向上につながることに着目し、養鶏業者や県、研究所などの協力で、梅酢から飼料用添加物を開発しました。これを使って鶏肉「紀州うめどり」と鶏卵「紀州うめたまご」を開発し、ブランド化に成功しました。(紀州うめどりうめたまごのウェブサイトはこちら)2008年には農商工連携88選に選ばれ、食肉産業展「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で最優秀賞を受賞し、さらに、マダイ養殖にも梅エキスを取り入れ、「紀州梅まだい」をブランド化しました。こうした当社の活動が農商工連携の先駆的モデルとして、地域経済の発展に大きく貢献したと評価されての受賞となりました。??

紀州ほそ川社長より

紀州うめどり、紀州うめたまごのブランド化が地域に貢献していると認められ、大変光栄です。梅酢加工品を県養鶏試験場に持ち込んでから10年がたち、紀州うめどり、紀州うめたまごが地域で知られるようになったのも、関係者の皆さんの理解と協力があったからこそと感謝しています。今後も、梅を核として農工商をつなげ、地域をさらに活性化させたいです。??