;
  • ほそ川の歴史
  • 受賞歴・メディア掲載歴

地域資源活用事業計画認定地域資源活用事業計画認定

みなべ町の梅は江戸時代からの植栽に始まり、昭和40年に最優秀品種に南高梅が選抜されるなど、長年にわたり梅干のブランドとして全国的に有名です。
梅酢は梅漬けの際に生成される副産物で梅干と同等の有効成分を持ちます。
弊社は平成12年から梅酢の塩分を取り除いてつくる脱塩濃縮梅酢の開発に取り組み、14年から県養鶏研究所との共同研究の結果、肉質の改善や鶏の強健制・生存率・産卵率・卵に含まれる葉酸がアップするという飼料の添加剤(紀州梅そだち)を完成させました。
この活動が地域特産品などを生かした新ビジネスの育成を促進するために制定された国の事業「中小企業地域資源活用促進法」の地域産業資源活用事業計画 第1号認定を受けました。

紀州ほそ川社長より

この認定で国からの事業支援を受けられるだけでなく、何より本事業の信頼性が高まることを大変嬉しく思っています。事業展開で地域産業の発展の一役を担いたいと思います。