;

  • 代表者挨拶
  • 会社概要
  • 企業理念

千年の知恵が伝えるもの

花を咲かせて実を結び人の心も身を養う

日本人は梅の花を愛で、実を食してきました。蕾がほころび、灰色のキャンバスに淡い色彩が添えられ、ほのかに甘い香りがたちこめるとともにいつしか冬を忘れ、春の喜びを感じます。その花はやがて膨らみ、枝をたわませる実に育ちます。この梅の実は人の体を癒し、また生活を支えます。こうした自然の営みが千年もの間、繰り返され続いています。助け合い、最大の幸せを家庭の中にみつけます。家庭は人の心をなごませ、希望を与え、次の世代の実を結び育む場であります。家庭の幸せは地域の幸せにつながり、真に豊かな社会をつくるものであると信じています。私たちの活動が皆様の幸せと健康に役立ちますよう心から願っております。

紀州ほそ川 代表取締役社長 細川庄三