;
 

UMULIN(ウムリン)の効果・クチコミ


【梅抽出物UMULIN(ウムリン)の効果・結果・クチコミについて】

 

一般販売開始から4か月、早くも妊娠報告が20件を超えました!

成功者の皆様、心からおめでとうございます!

信じてUMULIN(ウムリン)つづけていただき誠にありがとうございます。
 
ウムリン 詳しくはこちら >
 

梅抽出物UMULIN(ウムリン)の効果が出てきたのでしょうか、

全国から、結果・効果・口コミが届いております!

 

FullSizeRender

 

9月に入ってから妊娠報告が増えてまいりました。

臨床試験の結果通り3周期(3か月)ほどで効果が出てきてるのでしょうね♪

 

レビュー

 

今後、商品の同梱物で成功者のレビューを毎月伝えて行きたいと思っております。

これからもUMULIN(ウムリン)をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

不妊治療に梅抽出物UMULIN(ウムリン)が利用されるまで


不妊治療に梅抽出物UMULIN(ウムリン)が利用されるまでの話をしますね。

まず図で、梅抽出物(サプリメント)の改良の歴史を伝えます。
ウムリン 詳しくはこちら >

ウムリン階段0210-3

————————————————————–

1995年、

梅本来の効能が十分にお客様に届けられていないことに気づいた先代社長細川清が

他社に先駆けて、梅干しと梅酒以外の梅の新しい活用方法を模索し始める。

有効成分は豊富だが、用途がなく廃棄されていた梅酢の用途開発に着手する。

 

1995年、

高性能脱塩機を導入。

 

1999年まで、

脱塩した梅酢をさまざまな健康食品として商品化するもことごとく失敗。

(当時紀州梅が高値で販売される活況の中、周囲の笑い者になった先代社長。とほほ)

 

1999年、

高性能抽出加工機を導入。

梅酢から有効成分の高度抽出加工に着手する。

 

1999年、

梅抽出物により家禽(ニワトリ)の肉質向上に取り組み始める。

特定の梅抽出物を与えることで産卵率、卵の質の向上することを発見する。

 

2003年、

特定の梅抽出物を与えることでニワトリの産卵率が向上したことにヒント得、

この効果をヒトに応用できないか研究を開始する。

 

2005年、

梅抽出物により養殖魚の体質向上に取り組み始める。

(現在「梅まだい」「うめあゆ」としてブランド確立)

 

2006年、

梅抽出物で育てたニワトリが2006食肉産業展「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で優秀賞受賞!

銘柄鶏『紀州うめどり・うめたまご』としてブランドが確立。

この梅抽出物を飼料用サプリメント『梅そだち』として確立。

 

2008年、

梅抽出物で育てたニワトリが2008食肉産業展「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で最優秀賞受賞!

 

2008年、

梅抽出物により家畜(ブタ)の体質向上に取り組み始める。

(現在臭みがすくない良質な豚肉『うめぶた』としてブランド確立)

 

失敗を重ねながらも粘り強く研究をつづけた。

 

2009年、

ヒトに適合する梅抽出物の開発に成功。

(この抽出は、現在『UMULIN(ウムリン)』と呼ばれ親しまれています)

 

2010年、

レディースクリニックの協力のもと不妊治療臨床試験を開始する。

 

2012年、

臨床試験で効果が確認され、

和歌山県立医科大学の協力のもと成分解析と細胞レベルの検証が始まる。

 

2014年3月、

梅抽出物(UMULIN)の不妊治療効果が医学的に認められ日本受精着床学会雑誌に論文掲載。

梅抽出物による不妊治療効果について特許を申請。

 

2014年5月、

梅抽出物(UMULIN)の不妊治療効果が医学的に認められ日本卵子学会で論文発表。

 

2014年6月、

梅抽出物UMULIN配合サプリメントの一般販売開始。

 

2014年8月、

和歌山県立医科大学の研究チームによる記者会見「梅抽出物に不妊症の効果」

 

現在、

この特定の梅抽出物は『UMULIN(ウムリン)』として親しまれ、

レディースクリニックの不妊治療に利用されています。

また、UMULINには他の有効成分や未知の有効成分が豊富に含まれるといわれ、

和歌山県立医科大学で研究がつづけられています。

 

————————————————————–

もういちど図

ウムリン階段 - コピー (2)

————————————————————–

また、

この梅の新しい用途開発に成功したとして、

先代の清社長はさまざまな賞を受賞しました。

 

2008年、

農林水産省「農工商連携88選」受賞

安藤百福賞発明発見奨励賞受賞

中小企業庁地域産業資源活用事業計画第1号認定

農林水産省「立ち上がる農村漁村」に選定

 

2009年、

地域経済総合研究所「ちいき経済賞」受賞

 

2010年、

フードアクション・ニッポンアワード2010受賞

 

2013年、

和歌山県知事賞を受賞

 

梅抽出物 = 不妊改善効果


先日、弊社が開発した梅抽出物の不妊改善効果が、

和歌山県立医科大学の研究グループによりメディアリリースされました。

 

その後の報道で、

「梅は不妊に効果的?」

「梅酢が不妊によい」

との見出し・内容になっておりますが、

梅や梅酢に不妊改善に効果が確認されたわけではございません。

 

確認されたのは、梅酢から有効成分を抽出加工した梅抽出物が不妊改善に効果的ということです。

実際に、臨床試験で被験者の方が飲用したものは弊社が開発した梅抽出物umulinを含むサプリメントumuです。

 

このumulinは、

梅酢をある一定の温度で濃縮・脱塩したものに特殊な抽出加工を施すことで生成されます。

 

報道にあった「3.4-DHBA」はもともと梅抽出物umulinに含まれており、

その他に含まれる有効成分と複合的に作用している可能性が高いと、

医師は話します。その他の有効成分は引き続き研究中でございます。

また、有効成分の中には加熱することで生成されるものがございます。

 

今回の発見は、弊社が15年前に開発した家畜用サプリメントにより

鶏、豚、鯛、鮪の産卵率が向上したことからはじまります。

 

それをヒトに応用できないか、

うつのみやレディースクリニックと共に5年間の試行錯誤研究を重ね、

最も効果的な抽出物とその生成方法が発見されました。

その抽出物がumulin(ウムリン)でございます。

(この梅抽出物umulinが生まれるまでの過程はこちらのブログで♪)

http://kishu-u.me/2014/10/09/?cat=25

 

また、梅抽出物による不妊予防効果は弊社が特許を申請しております。

 

報道から梅や梅酢に対するお問い合わせが増えておりますが、

あくまで効果が医学的に確認されたのは梅抽出物umulin(ウムリン)でございます。

 

【報道】——————————————————————-

時事通信:http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014082800897

紀伊民報:http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=279656

わかやま新報:http://www.wakayamashimpo.co.jp/2014/08/20140829_41681.html

日高新報:http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2014/08/post-2522.html

 

 

 

NHKがUMULIN(ウムリン)を放送

弊社が製造する梅抽出物UMULIN(ウムリン)を含むサプリメント飲料がNHKに取り上げられました。

 

——————————————————————————————————————————————————————————

現在、UMULIN(ウムリン)サプリメントは関連会社のワノミライカ㈱が取り扱っております。

ウムリン商品ページ【クリック】

——————————————————————————————————————————————————————————

 

(出演:2014年6月6日(金)PM6:10~)
◇不妊治療に梅の抗酸化作用を生かせ

今や日本人夫婦の6組に1組が不妊に悩んでいると言われています。
治療を受けていることを秘密にして悩みを打ち明けられず、苦しんでいる方々がおられます。

不妊の大きな原因の一つは、加齢やストレスによる体の酸化によって進行する卵子の老化です。
そこで、宇都宮智子院長は『梅の抗酸化作用』に注目しました。
株式会社紀州ほそ川が開発した梅抽出物UMULIN(ウムリン)配合の飲料を患者さんに毎日飲んでもらったところ、6人中4人に成果が現れたのです。
宇都宮智子院長はその時を振り返って、「採卵した卵子を見たときから卵子の支持細胞の状態も良かったし、思ったよりも良い結果が出て、患者さんも喜んで下さいましたし、私もうれしかったです」と語ります。
協力してくださった患者さんも「梅は食品で薬ではないので身体への負担もなく安心して服用できました」と感想を述べていました。

この結果をより詳しく検証するため、和歌山県立医科大学の研究グループに協力を呼びかけました。
食品の持つ機能性を探索しているこの研究グループは『梅の成分が卵子の機能を改善させたのでは?』という仮説を立て、あらゆる実験を試みました。その中の一つとして紹介されたのが、次の実験です。

卵子に栄養を与える顆粒膜細胞の培養細胞に過酸化水素を加えてストレスを与え、
老化と同じ環境を人工的に作り出す。

↓↓↓

酸化ストレスのみの培養細胞は小さくなって死滅したが、
酸化ストレス+梅成分の培養細胞は健康な状態を保った。

↓↓↓

酸化ストレスが細胞に加わっても、梅が入っていることによって
酸化ストレスから細胞を守るという機能が明らかになった。

 

この成果を神戸で開かれた日本卵子学会で発表したところ、不妊治療に取り組んでいる全国の医師からも問い合わせが相次ぎました。
いま不妊が多くの方に認知され、非常に悩まれている方も多くいらっしゃいます。
身近な食材を使った私たちの研究が少しでも役に立てれば良いなぁ…と、宇都宮智子院長と私たち研究グループは、今後さらに効果的な方法を探るため、成分の分析や実験を進めております。

研究で使用した梅抽出物ウムリン(UMULIN)を含む飲料は販売会社ワノミライカ㈱のサイトで販売しております。

うつのみやレディースクリニックのHPはこちらから【クリック】

 

【速報】UMULIN(ウムリン)がNHKに!


6/6 梅の日にちなみ梅抽出物UMULIN(ウムリン)が不妊症に効果があるとNHKで取り上げられました。

現在、UMULIN(ウムリン)を含むサプリメントは関連会社のワノミライカ株式会社のサイトでご購入いただけます。

 

ウムリン商品サイト https://umulin.me/shop-umulin/

 

NHK総合ニュース の詳細情報はオンデマンド等でご覧ください。

・6月6日20:45~21:00放映

内容:梅の抽出物による不妊治療における効能